コロナとの戦い

こんにちは、ゴリです。

今日は日記にしました、と言ってもコロナに感染し格闘で忙しく本が全く読めてない。

私は健康維持と理想の体作りに膨大な時間と金をかけてる、当然風邪を引かないよう、

5類となってからも仕事中もマスクを着用、手洗い、うがい、歯磨きを3食毎で習慣化していたのですが・・・まさかのまさかが起こりました。

 

異変を感じたのは2日の木曜夜、のどの小さな引っ掛かりが気になる。

すでに花粉症に悩まされてるのでアレルギー反応のいつものやつだろうなあと。

3日の金曜、昼から体の節々が痛くなりだし悪寒がして早めに切り上げて家に帰った。

予防注射したはずのインフルかなと、熱を測ったら38度を超えていてこらやべえぞと。

近くのかかりつけのお医者さんに発熱外来の予約をして次の日の3日(土)の朝に診察してもらうとコロナ陽性でしたと・・・ワオ、この俺が・・

右の鼻の孔から突っ込んで調べるやつで。

今日から3日間、かなり熱が出てしんどいと思いますが3日目には大半の方の熱が下がりますと。

その後2日間熱が出なければ会社に行っても良いですと言われ頓服(カロナール)を処方された。

案の定、その日、3日(土)と4日(日)は40度近くまで出て2日間本当にコロナウイルスとの戦いだった。

水分補給が大事と言われたので、ポカリスエットをがぶ飲みし、エネルギー補給は喉が痛いのでゼリーとアイスクリームで補給。

カロナール(頓服)は6時間置きに飲むようにし3日目には37度まで下がった。

でこうなった時に一番懸念していた妻への感染が3日目に・・・

変な咳をしだし喉が痛いのと悪寒がきついと・・ふらつく体で妻を支え、又かかりつけのお医者さんに診てもらうとコロナ陽性ですと・・・

何とか妻を寝させてふらつく体で水分など必要なものを買いに行った。

こうなってくると俺の体は持ち前の負けん気を出して3日ぶりに腕立て伏せを再開。

心身共に臨戦態勢にといっても俺もまだ3日目、頭痛に倦怠感、吐き気に悪寒と俺のテリトリーで悪い奴らが跳梁跋扈してやがる。

コロナのくそったれ!!お前ら袋叩きにしてやる!!!

と勇むもやっぱこいつはしんどいなと・・・上から上から被せてきやがる。

その日の夜中、妻がトイレに起きて水分を摂ろうとした矢先に俺の目の前でスーッと妻が倒れた。

顔色が無い、でとにかくしんどいと・・普段から辛抱強くこの25年、泣き言はほとんど聞いたことがない、その妻が救急を読んでと、これは大変だぞと救急車を呼んで大きい病院へ・・・

俺も陽性で3日目だと、諸事情を説明すると同乗は出来ないし、院内にも入れませんとの事、仕方なくふらつく体で車を運転し病院の駐車場で待つことに・・

1時間程すると看護師さんがきて、血圧の急低下によりふらついたもので、もう帰ってもらっていいですよと・・とりあえずはプチ安心。

次の日、かかりつけのお医者さんに電話、事情を説明して対処法を教えてもらった。

先生は次は無いと思いますと、もしなった場合は頭を低くする、横になって安静にしてたら恐らく大丈夫でしょうと教えて頂いた。

とにかく水分を摂る様にしてくださいとも。

 

 

そうこうしていく中、妻も3日目には熱も下がり少しずつ動けるようになってきました。

俺は4日目は1時間のウオーキング、腕立て伏せ、スクワットをこなし、5日目にはダンベルトレーニングに軽いランニングまで出来るようになってきた。

2人共食欲は活動量に連動するかのように回復しましたが、味覚と匂いがしない。

これが後遺症か・・?

2人共風邪もインフルも久しくなかった、風邪等の予後がどんなだったか忘れてたんだね。

こういったことは風邪なんかでもあったなと。

現在、俺が8日目で妻が6日目ですが少しずつ味覚も香り、匂いの感覚も戻りつつあります、ありがたいことです。

本当にこういった普通のことがありがたい。

 

それともう一つ。

普段、俺が何よりも守りたいもの、それはファミリーやフレンドだ。

だが今回は俺が守られる側に。

皆、こんなにも頼もしく、愛情深いのかと。

ある一言(兄貴の強さは私が一番よく知ってる、信じてる、何とか耐えてね)と

この瞬間、俺の体内でロッキーが鳴り出した、どんだけシンプルなんだ、俺は😁

俺が皆に守られてると感じられたからこそ、コロナのくそったれ!!も仕方ないと許せた。

今回のコロナで何か学んだのかと・・分からないな。

ただ普段、健やかに暮らせてること、ファミリーやフレンドを大切に思う気持ちってこれ以上、上に来るものなんてない。

それと常備しといたらいいのはゼリーだな、保存も効くしね。

 

 

こんなものは罹らない方がいいに決まってるが、こぅなってしまうのも人生だ。

皆さまも気を付けてこのタフな世の中を共に生き抜きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋文の技術  森見登美彦

面白かった、抱腹絶倒です。

京都の大学院から能登半島の実験所に行かされ研究に勤しむ守田一郎が主人公。

この守田、今まで交流のあった者たちへ手紙を書くのですが、これが書簡形式でこちらの読み手の想像力、人生に対するセンスが問われてるような気になりました。

 

あらすじ

京都の大学院から、遠く離れた実験所に飛ばされた男が一人。無聊を慰めるべく、文通修業と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。文中で友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れるが、本当に想いを届けたい相手への手紙は、いつまでも書けずにいるのだった

Amazonより

 

都ファンの方なら風情を味わえるのも魅力、地理やイベントを多少なりとも知っているとより楽しめますね。

彼、守田のクセはあるが子気味良い文章が良く笑える。

友人の小松崎、ライバルの大塚、かっての教え子間宮になぜか森見登美彦?妹やらにあてた手紙の文面で守田の状況も詳らかに見えてくる。

又、この男、己の学業も恋愛も上手く行ってないのに他人にアドバイスをする荒唐無稽さも見どころの一つ。

間宮君への手紙、なんか良かった、個人的には好きだな。

 

本命の伊吹夏子さん、素敵な女性みたいですが振りむいてくれるのかな?

変なとこで生真面目で非モテをこじらせた典型的なこの男の恋が成就することを願います。

 

森見登美彦さん、初読みです。

ユーモアたっぷりで読後は温かい余韻が残る良書。

★5つと評させて頂きました。

 

 

 

 

 

うつくしい人  西加奈子

西加奈子さん、初読みです。

先日、テレビに出てらして感じの良い方だなと。

セレクトしたのはこの作品です。

 

 

あらすじ

他人の目を気にして、びくびくと生きている百合は、単純なミスがきっかけで会社をやめてしまう。発作的に旅立った離島のホテルで出会ったのはノーデリカシーなバーテン坂崎とドイツ人マティアス。ある夜、三人はホテルの図書館で写真を探すことに。片っ端から本をめくるうち、百合は自分の縮んだ心がゆっくりとほどけていくのを感じていた-。

Amazonより

 

己は病んでいるのではないのか、不甲斐ない己を受け入れたくない、認めたくないと苦しむ32歳の蒔田百合、人生に、職場にでと行き詰まり、身動きが取れなくなってしまい退職。

心を癒しに芝と海の景色が綺麗なリゾートホテルへ5泊の旅に出る。

 

HEAVYな初っ端は、あらすじに書いてる通りの凝り固まった心がどう解けていくのか、展開を想像するだけで読むスピードが上がりましたね。

 

己が己であるってどういうことなんだろうと考えさせられる。

主人公の内省シーンは多くの大人が共感できるのではないだろうか。

自意識過剰で人の目や思いを勝手に想像し苦しくなる時節は成長への胎動だろう。

特に感じたのは人からどう見られるかを気にし過ぎる割に他者を見る目は卑屈で傲慢。

ここに幼さがあったのかな、ただこの青さはとてもピュアだと思う。

タイトルの「うつくしい人は」姉のことだろう。

容姿が美しい姉を意識し過ぎた幼少期、苦しみながらもそうなってしまう原因に気がつき憧れや妬み、嫉みやら作られた自分からもゆっくりと解放されてく。

カートに乗るシーン、カートのスピードに合わせ、へばり付いた何かを脱ぎ捨てていくような感覚は心地よい。

これまで身に着けた衣服、それを脱ぐ行為によって百合が身に着けた他人の目を脱ぐことを描写されてるのでしょう。

「どこへ行ったって日常から逃れることは出来ない。

日常が続いてるからこそ、その残酷さがあるからこそ、私たちは生きていける。

何かを忘れ、思い出し、悲嘆に暮れ、笑い、怒り、ふと我に帰ると圧倒的な日常に浸っていることに気ずく」

「海も変わるのだ、こんな立派な海が。

では私が変わることぐらい環境によって自分を見失ってしまうことぐらい、起こりえることではないか」

吸収することだけが生きることではないし、尊い価値でもない。

何かをかなぐり捨て忘れていくこと、置いていくことも大切だと教えられる。

 

テンションの変わり様に圧倒されたが、主人公百合の心の容量が満タンになり、表面張力がパンパンに張って無駄な自意識と自己嫌悪に苛まれる時期は誰にでもある、無かったら嘘だしね。

又、このぐらいの若さから大人になる年齢からぶつかることや、考えることが半端なく増える。

これらを経てその人なりの人生を彩っていくんだな。

 

著者の西さん、あとがきで「明るい未来が想像できなくても、今を必死に生きなくても、思い出があればぐんぐんと進むことが出来るのです、私たちは」

と素敵に締めくくられてた、この言葉に救われる人はたくさんいると思う。

長い付き合いになりそう、★5個とお勧めさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滅茶苦茶 染井為人

染井さんは安定の面白さですね、今回も飛ばして頂きました。

最初から不穏の雰囲気満載、コロナ禍になったばかりの閉塞感、得体の知れない空気感、不安感、それらと対峙する人間の弱さ、社会の厳しさを描かれてます。

 

今井美世子は東京でシングルライフを謳歌するアラフォー女性。

37歳でバリキャリが仇となりやたらとプライドが高い。

コロナ禍の中、今まで通りの人付き合いが遮断され鬱屈とした日々を過ごす。

そんな中、友達に勧められたマッチングアプリで出逢いを求めるが。

現れたのはイケメンの外国人、ところがこいつがとんでもない悪で・・・

己を客観視しずらい自己愛の強さがロマンス詐欺の手口を見破れずドツボに・・・

 

戸村茂一は静岡県でラブホテルを3店舗経営する2代目経営者。

老朽化した建物と、コロナ禍で集客が伸び悩み、持続化給付金を申請するも支払い枠から外れ対象外とされる。

血気盛んに行政に乗り込むも社会の厳しさに打ちのめされる。

商工会の会長をしてる友人に相談、気分転換に近所のスナックに飲みに行く。

馴染みのスナックママという気安さから隙が生れた茂一に、その魔性は持続化給付金の不正受給を持ち掛ける。

尊敬する父から継いだ地盤、家族の為、己の意地、経営不振を何とかしようとするが王道でないやり方に待っていたのは転落への切符だった。

 

礼央は頭が良く中学までは挫折知らず。

鶏口牛後を目指すしたたかさはまだ身についておらずに、無理目の高校で奮闘するが。

入学して間もなくリモート授業になりやや勉強にも身が入らない状況下、久々に登校した帰りの電車で昔の友達に会う。

一端の不良になった昔の友達と再会し、関わりたくないと思う反面、周囲のレベルの高さに気後れしがちだったこと、今の友達にどこか不満があった寂しさから、昔の朱に交わってしまう。

 

感想

この登場人物の3人を特別に弱いとは思えない。

何もイレギュラーがなければ、社会や学校でそれなりに活躍する有能な側の人間だろう。

この物語の面白さはコロナ禍という先の見えない不安感の中、人間の持つ弱さ、脆さ、狡さを色んな側面から表現されてる。

この3人、途中引き返したり、軌道修正する機会はあったにも関わらず、そっちはダメと分かっていながら行ってしまうのも窮地に追い込まれた意馬心猿の難しさ。

ラストの着地は何となく予想通りだったが、決して他人事とは思えないある意味ナーバスな社会への問題提起としても考えさせられた。

コロナも収束しておらず、刹那な現代をサバイブしながら、己の孤独と向き合いながら皆が必死に生きてる。

最後に美世子が鍋の買い出しをするシーン、3人が鍋を囲みながら話す一時をイメージさせてくれたことにこの物語の救いがあったと思う。

人が拠り所にしたいもの、縋りたいものってこんなことだろうな。

ブラックユーモアでありながら、読後は何か温かい余韻の残る素晴らしさ、★5つと推させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆弾 呉勝浩

面白かった、凄まじくクオリティーの高い社会派ミステリー。

安酒に酔っ払い軽犯罪で逮捕された、見るからにだらしない中年男のスズキタゴサク。

間抜け面は表面的なもので得体、正体の分からないとんでもないモンスターだった。

こいつが東京都内に爆弾を仕掛けたと・・・これが現実に・・

何としても爆破を食い止めようと有能な警視庁捜査一課、清宮が取り調べるが。

 

会話で揺さぶりをかけようと試み、ゲームと名を借りた心理戦で相手の隙を探ろうとする緊張感が堪らない。

人間が持つ動物の血が静かにあぶりだされる。

内包する醜さ、狡猾さを、そしてそれらに傾倒しないように併せ持つ幾ばくかの良識、理性でバランスを保とうとするも、このモンスター相手にスイングされる始末。

容疑者の思う壺にハマってしまった時の絶望と恐怖が倫理観を崩され、感情を剥き出しにしていく。

手に負えないと清宮から類家に変わったとこから一気にストーリーは加速する。

 

これは誰が主人公でもおかしくない。

各登場人物がエース級の存在感を持ち、頭の回転の速さと本質を見抜く眼力で事件の謎を追い犯人の真相に迫る刑事、現場で鍛えた勘と経験、悪への憎しみで犯人を追う刑事。

だが皆がどこか歪んでいて、何かが欠けていて人間らしいのが興味深い。

 

世垢にまみれ、生きることに疲れ、卑屈になり自暴自棄に自ら追い詰めるスズキタゴサクのような凶悪犯、日本だけでなく今や世界中にいるのでははないか。

その脳みそを別に使えばいくらでも活路はあったろうにと・・

この物語を読んでる中、こんな奴は絶対に許さない、愛する者の悲しむ顔を見たくないと思えた自分は幸せなんだろう。

 

ノンフィクションとして後半に派手な展開を期待したが龍頭蛇尾か。

立ち上がりから中盤の類家との攻防があまりにも凄すぎた。

サスペンス、ミステリーとしても面白いが哲学的、或いは心理学とも言える評判通りの本でした、お勧め度は★5つの満点です。

初読み作家さんですが長い付き合いになりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしくて泣くとき 森沢明夫

森沢ワールド炸裂、掴みから涙腺崩壊しっぱなしでした。

装丁も魅力的。

メンタルデトックスには最適よ。

 

主人公心也の家は食堂、店主の父耕平は子供飯、事情のある子どもたちに無償でごはんを食べさせてる。

心也の幼いころに母は病気で帰らぬ人となった。

物語は母の入院中の描写から始まる。

母と心也の互いの優しさの交換には涙が溢れてくる。

母は息子を、息子は母を事態を察してる幼い心也への愛は不変的なもので、これ以上に上に来るものなんてあるのか。

やがて中学性になった心也、好きなサッカーで部活に励むも膝を怪我、靭帯を損傷し退部してしまう。

まだ成長過程の多感な時期に、母の死を受け入れ這いつくばって踏み出した心也に、人生の荒波は何故に容赦なく立ちはだかるんだと。

両親譲りの心根の潔さがDNAに注がれた心也、ひねくれることもなく学校に通うが。

ある時、担任から夏休み前に課題として学級新聞を発行させると、そこで選ばれたのは夕花と心也に。

夕花は美しく頭もよく控えめな性格の為クラス内でいじめのターゲットになっていた。

持ってるものの登竜門かいじめは。

夕花の家の複雑な事情が虐めをさらに増幅させていた。

夕花と心也は幼馴染でありいつも後ろの席からその姿を見ていた心也、夕花のいじめに耐えてる姿を尊敬している。

気心知れた2人はヒマ部と名をつけやっていこうと、夕花の提案の色々はとても可愛い。

ある時、約束に来ない夕花の様子を見に同級生の問題児石丸と近くにいくと、血だらけになった夕花が逃げてきた。

鬼のような形相で追いかけてきた夕花の義父はアル中で頻繁に夕花や義弟に暴力を振るってたが今回は一層ひどいことになっていた。

勇敢な石丸が義父に飛び掛かり、その隙に心也は夕花を連れ出す。

どこか遠いとこに行きたいと夕花、男気ある心也は夕花を守ろうと決断をする。

海が見たいという夕花を、幼い頃に家族3人で行った思い出の海に向かう。

日頃のシリアスな現実から解放された二人、砂浜で燥ぐシーン、せめてこの時間だけはゆっくり進んであげて下さいと願わずにはいられない。

この物語のハイライトは全てと言っても過言ではないが、やはり心也の夕花に対する優しさに感じることが多かった。

心也に絶対的信頼を置く夕花は、日頃の色々を打ち明けてく。

信頼だがやもすると心也の夕花に対しての距離感の取り方には賛否があるだろう。

いじめにあってる夕花をいつも後ろの席から見ている心也は、ただ知らんぷりをしてる傍観者ではないのか。

黙ってみているのは参加しているのと同じではないのか。

幼馴染でありながらなぜ放っとくのか。

夕花から見ればただ後ろに心也がいるだけで安心だったのか。

 

人にはそれぞれパーソナルエリアがある。

ここまでならOK,ここから先はNOというラインがある。

他人のパーソナルエリアに踏み込むのら己も相応の傷つく覚悟が必要だ。

心也の優しさには己の状況を客観的に見れて、何が出来て何が出来ないのか分別がついていたんだろう。

だからこそ夕花の気持ちを慮ることが出来て、夕花も逃避行に身を預けることができたのではないか。

男は年齢じゃない、何かひとつを決めてそれを守る。

両親から大いなる愛を決して裏切らない心也に夕花にとって心の安全基地だったのだろう。

 

途中からゆり子さんという喫茶店を営む奥様が登場してくる。

ここからは読んでのお楽しみ。

孤独なライオンと心也にあだ名をつけられた問題児の石丸。

寂しさと悲しみを強さに変換し不品行でしか己を保てなかったが彼もまた男前。

どうか彼の未来が明るく優しいもので囲まれていることを祈った。

 

大切な人たちの温かさが脈々と受け継がれていく、その温かさを決して裏切るまいと行動にしていくことの尊さはまさに優しさの連鎖ではなかろうか。

森沢さんの作品は決して裏切らない、優しさに溢れ泣かせてくれる、流石だ。

仕掛けも含めて珠玉の一冊。

読後はひばりで一杯飲りたくなった、とびきり美味い人生の酒を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の飲み方 葉石かおり

 

 

クリスマスに年末年始、酒を嗜むものにとっては楽しくまた酒量が増える時期だ。

自制心に甘くなり易いこの時期の己を、少しでも肯定してくれる内容と期待を込めて読み始めたが、開いてみて良かったと思いきや閉じようかとしたり、ページめくるたびに惹き込まれていった。

 


 

酒は面白いもので家族や心安い友人と交わすと本当に進むものだ。

美味しい料理とともに味わい尽くすのは、まさに口のこえたミドルエイジには至高の一時でもある。

既知であるものもあったが本書は酒好き医師の著者が、医学的見地からの解説で説得力があった。

結論から言うと休肝日も大事だが酒の総量を減らすこと、飲む量と同量程度の水を飲め、酒によるダメージは今まで飲んできたエタノールの蓄積によるもので、膵炎のリスクにもなりえるとか、アルコールは脳全体を委縮させるものでもあると。

翌朝のすっきり感の為に頼りにしてるウコンは、肝臓にはあまりよくないとか何か校長先生に静かな口調で道徳の話を聞いてるような気分になってきた。

一方で良い情報もたくさんあり一部を己の知識、知恵として整理したいのでいくつか書いておこう。

よく聞く話だが飲酒前にチーズを摂るのは,タンパク質と脂質は消化吸収されにくく、胃に長い時間留まる。

これは牛乳を飲んでおくとよいのと同じことなのだろう。

タンパク質は体内に入ると小腸でアミノ酸に分解、吸収され肝臓へ運ばれる。

アミノ酸は肝臓の解毒作用、アルコール代謝を促進するなど肝機能を向上させる働きがあるとのことで、また飲み始めの最初で摂るといいのは油ものでから揚げやフライドポテト、これは飲んでる間中美味しく頂けるものだが二日酔いになりにくいんだとの事。

食物繊維(きんぴら、切り干し大根)は大腸まで届く食品成分で、胃腸に長く溜まるためアルコールの吸収を緩やかにしてくれるものだ。

アルコールの分解にはタウリンセサミン、Lシステイン等。

飲む前に食べておいたらいいものはチーズ、納豆、ビタミンB1、食物繊維と知識として持っておくと便利いい、示唆に踏んでいる。

本格焼酎血栓を撃退、赤ワイン由来のポリフェノールは抗酸化能力が非常に高く、認知症にも効果があり、ピロリ菌に対する殺菌作用もある。

日本酒はコラーゲンの材料であるアミノ酸が豊富で美肌には欠かせない成分など。

 

総じて今後の戒めとして、予防線しては有効そうに思えたデータも、あくまでも健康体で適量を飲んだ際の認知症や血管系でそれもそこそこか、基本酒は毒の要素が大きいのかなと。

それでも好きは好きだ。

自制心も割とあり普段からかなり身体の健康習慣はある、長く酒とは良い関係でありたいので個人的にはとてもgoodな本でした。